7日、イングランド・プレミアリーグのチェルシーはトーマス・トゥヘル監督を解任することを決断した。開幕からわずか6試合というタイミングだった。

リーグではこれまで3勝1分け2敗、そしてUEFAチャンピオンズリーグでは開幕戦でディナモ・ザグレブに敗北しているが、解任の理由は「選手との関係悪化」や「経営陣との意見の相違」が原因だったのではないかと言われている。

そして、監督が不在となったチェルシーは現在指揮官を探しており、ブライトンを率いているグレアム・ポッターを引き抜くことを考えているそう。

すでに交渉もかなり進んでいると伝えられているが、『Sky』の解説者を務めているジェイミー・キャラガーは以下のように話し、ポッター監督はチェルシーにふさわしくないと考えているようだ。

ジェイミー・キャラガー

「チェルシーの新しい政権は、ロマン・アブラモヴィッチとは違うものになるだろうと思っていた。だからショックだった。

数日前には『もしアブラモヴィッチがオーナーだったら、トーマスの首が心配だね』と話していたんだけどね。

それはジョゼ・モウリーニョにもアントニオ・コンテにも、カルロ・アンチェロッティにも起こったことだ。多くの優秀な監督にね。

それとは違う経営陣になると思っていたから、とてもショックを受けている。

素晴らしいスタートではなかったが、チェルシーは移籍マーケットが終わってから時間が必要なチームだと感じていた。望む選手を獲得し、最高レベルの監督にチャンスを与え、数ヶ月をかけてチームを構築していくのだとね。

昨夜オーバメヤングの獲得が発表されたばかりだ。フォファナもまだ2試合起用されただけだ。

このチームが多くのお金を使ってまとめられたというのは理解しているし、それに従ってプレッシャーも大きいものになる。ただトゥヘル監督は夏の間もディレクターのように動いていた。

彼がこの選手たちを連れてくることに関わっていたんだ。インターナショナルマッチウィークまであと3試合だけでも時間が与えられるべきだったよ。

(新しい監督候補はグレアム・ポッターだというが)彼がふさわしいとは思わない。チェルシーは非常に冷酷なクラブだ。シーズンに入ってわずか6試合で監督を解任したばかりだ。

これは彼にとって大きなステップアップであり、今も世界チャンピオンであるが、すぐに結果を出さない限り12ヶ月以内に解雇されるだろう。

もし私がトゥヘルに起こったことを見ていれば、チェルシーに対して非常に警戒心を持つだろうね。

彼は素晴らしい仕事をしているし、誰もがポッターのサッカーを愛している。彼がこのチャンスを断ることはできないとは思うが、チェルシーがこれから変わるだろうとは言えない。

もし私がチェルシーのサポーターであれば、クラブの監督を誰に任せたいかと聞かれたら『マウリシオ・ポチェッティーノ』と答えるだろう」

【写真】チェルシー、ランパード前監督の下で売られた12名…今はどうしている

チェルシーは他にもマウリシオ・ポチェッティーノ、ジネディーヌ・ジダンを新監督候補として考えているという。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら