バルセロナのフランス代表FWウスマヌ・デンベレは昨年末に結婚式を挙げていたことが話題になった。

『COPE』などによれば、そのデンベレは妻との間に女の子が誕生したそうで、彼は父親になったとのこと。

病院で一晩過ごしたデンベレはほとんど寝ていなかったが、それでもバルサからプレーしてほしいと頼まれたそうで、この日のエルチェ戦に先発出場。

彼は後半15分までプレーし、試合は3-0でバルサが勝利している。『AS』によれば、交代する際にはカンプ・ノウから拍手喝采を受けていたとのこと。

【関連】あまりにも早く衰退した10名の「元・天才」

チャビ監督も「彼はハイレベルでプレーしている。父親になり、ほとんど寝ていなかったが、プレーしたがった。プレーするのが好きなのさ。非常に熱心に取り組んでいる。彼がいてくれることに満足しているし嬉しい」と讃えていた。