今年、10年ぶりに日本代表に復帰した宮市亮。そこで前十字靭帯断裂の大ケガを負ってしまった彼がDAZNのFOOTBALL TIMEで内田篤人と語り合った。

宮市はJリーグを経ずに高校卒業後に渡欧。昨年7月に横浜F・マリノスに加入し、始めてJでのプレーを経験した。その際、こんな印象を抱いたそう。

「僕、海外にいた時には背が小さいほうだったんですよ。

コーナーキックの時も全然マークがつかない。(身長は)180cmです。

ただ、こっち帰ってきて、『俺、めっちゃデカいやん!』みたいな。こんな俺デカかったっけみたいな。

まず、身長差にびっくりしました。みんな、小っちぇなぁみたいな。

ただ、その分、足元の技術、ポゼッションとかやっても本当うまい。分かりやすいところでは、体格の違いが一番違いましたね」

欧州とは体格差を一番に感じたというが、日本の技術の高さにも驚いたそう。

これに内田は「(うまいのは)DFがいなければじゃない?ドイツのプレッシャーのなかで同じ技術を発揮できるのかなって思うと(疑問)だけど、確かにうまい、日本人は。マジでうまいと思う」と反応。さらに、内田は「(日本とは)守備が違う」と指摘し、欧州がガッシャンとぶつかるとも述べていた。

すると、宮市も「そうですね。それで僕も困惑というか、最初の試合で30秒で2枚イエローカードで退場しちゃったんですけど。日本帰ってきてすぐの試合で。それもガンガン行くけど、それでファウルとられるんだみたいな。レフェリングの違いもちょっと驚きましたね」と話していた。

【動画】これで退場かよ…宮市が戸惑ったまさかの退場シーン

宮市は日本に戻ってきた昨年9月の清水エスパルス戦で立て続けにイエローを受けてまさかの退場になっており、欧州とのレフェリングの違いにも戸惑いを感じたようだ。

内田がJリーグにヨーロッパの審判を連れてくることの意味合いに触れると、宮市も「国際力がつく」と同意していた。