2019年からバイエルン・ミュンヘンでプレーしてきたフランス代表DFバンジャマン・パヴァール。

ユリアン・ナーゲルスマン監督のもとで控えになっており、2024年までとなっている契約の延長問題も浮上している。

『Bild』によれば、彼は飲酒運転で警察に検挙されていたという。6週間ほど前のホームゲームの後に摘発され、血中アルコール濃度は0.8パーミルだったとのこと。

これで一時的に免許失効となり、1か月間の運転禁止、500ユーロ(7.3万円)の罰金などを科される見込み。もし、過去にも飲酒運転をしていた場合には罰金額はより高額になるとのこと。

また、バイエルンはクラブとしてパヴァールに高額な罰金の支払いを命じたとも。現在、パヴァールはクラブの練習に運転手付きの車でやってきているそう。

【動画】飲酒運転発覚のパヴァール、練習立ち去りシーン

彼はトレーニングでもイラつきを見せており、コーチとは目を合わせず、真っ先に練習場から去る状況にあるとも伝えられている。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」