カタールワールドカップの開幕まで2週間ほどに迫ってきた。

『Globo』によれば、アストン・ヴィラのブラジル代表フィリペ・コウチーニョは今大会の欠場が決まったようだ。

練習の負傷で太ももを痛めてしまい、ヴィラのウナイ・エメリ監督も「(W杯の)中断期間までにプレーすることはない。筋肉損傷だ」と述べた。

コウチーニョはヴィラで低調にあるため、9月の代表招集からも外れており、最近のセレソンにおける立場は微妙だった。ブラジル代表のW杯メンバーは現地7日13時(日本時間8日午前1時)に発表される予定。

【関連】「4年前の2018年W杯に10代で出場した逸材7人のいま」

一方、バイエルンのカナダ代表アルフォンソ・デイヴィスはW杯に出場できるようだ。

彼はセルタ戦でハムストリングを負傷。バイエルンは右ハムストリングの筋繊維断裂があるため、W杯までの2試合は欠場するとしつつ、W杯出場を脅かすものではないとしている。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら