今ワールドカップのブラジル代表メンバーから落選したリヴァプールFWロベルト・フィルミーノ。

『Globo』によれば、ユルゲン・クロップ監督はそれについてこう述べていたそう。

「正直、ショックだった。

我々はボビー(フィルミーノ)がいてくれて嬉しいが、彼はそれにふさわしい。彼は全てに値すると思う。

フィルミーノのような選手の除外は、ブラジル代表がどれほど素晴らしく、タレントが揃っているのかを示すものだ。狂気的だね」

また、クロップはフィルミーノが落選に落ち込んでいることも明かしていたそう。

【関連】2018年W杯の落選選手で組むベスト11」がすごかった

そのうえで、契約更新に向けた交渉を行っているとも述べたという。