遂に開幕したFIFAワールドカップだが、負傷離脱も相次いでいる。

セネガル代表のエースFWサディオ・マネも負傷から回復できず、無念の欠場が決定。その彼はこのようなメッセージを出した。

「皆、こんばんは。

怪我をした後、多くの人から応援のメッセージを貰った。

幸いにも、週半ばに受けた手術は成功したよ。この場を借りて、皆にお礼と感謝を伝えたい。

この月曜に僕らが愛する国が2022年カタールW杯を戦う。

ライオンズ(セネガル代表)は自分たちを超越し、決勝戦として全ての試合に臨むはずだ。

全てのセネガル人がテレビの前で僕らの勇敢なる代表チームを応援し、勇気づけてくれるに違いない。

代表ファンの皆と同じように僕もチームメイトたちが一丸となっていつも通りに闘ってくれると信じてるよ」

このメッセージにリヴァプールの元チームメイトたちもいいねでエールを送っている。

【関連】2022年W杯、10代で出場する世界の若手ヤングスターまとめ

また、グループステージで対戦するはずだったオランダ代表からも「W杯は最高の選手にふさわしい。サディオの早い回復を祈っている」というメッセージが送られていた。