23日、日本代表がカタールワールドカップの初戦に臨み、ドイツを相手に2-1の逆転勝ちを収めた。

この日も鎌田大地をトップ下に置いた4-2-3-1のシステムを採用した日本。序盤は中盤で良い形に奪うことに成功し、惜しくもオフサイドとなったもののカウンターから前田大然がゴールネットを揺するシーンもあった。

しかし初戦ということもあり慎重に入ったドイツは、徐々に立ち位置を修正。日本の奪いどころをなくし、攻撃的サイドバックのダヴィド・ラウムのいる左サイドから度々チャンスを作り出す。

迎えた33分、フリーで抜け出したラウムを権田修一が倒してしまい、イルカイ・ギュンドアンのPKでドイツが先制。前半アディショナルタイムにも失点シーンがあったが、これはVARの結果オフサイドと判定された。

日本は後半から久保建英に代えて冨安を投入。3パックとすると、さらに67分、三笘薫と浅野拓磨を入れて、攻撃のギアを上げる。

75分、三笘のドリブルから途中出場の南野拓実がシュート勢の折り返し。これはマヌエル・ノイアーに阻まれたものの、こぼれ球を南野の前に交代で入っていた堂安律が決めて同点に追いついた。

さらに83分、板倉滉のロングパスから浅野が抜け出し、最後はノイアーのニアサイドを抜く見事なシュート。怪我上がりの浅野が大きな仕事をやってのけた。

【関連記事】ドイツ代表、あのスターまで不在…W杯メンバーに入れなかった大物5名

その後はドイツの猛攻があったものの、全員が集中して守り切り、試合終了。森保一監督率いる日本が欧州の強豪を逆転で下した。