熱戦が続いているFIFAワールドカップ・カタール2022。

韓国はガーナとの第2戦に2-3で敗れてしまい、ソン・フンミンは痛恨の敗戦に思わず涙していた。

また、試合終了直後には韓国のパウロ・ベント監督に一発レッドカードが提示されている。

発端になったのは、アンソニー・テイラー主審が試合を終わらせたジャッジ。

10分のアディショナルタイムが過ぎた後、韓国はコーナーキックを得たが、主審はそれを蹴らせることなく試合を終わらせたのだ。

すでに既定のアディショナルタイムは過ぎていたが、最後のチャンスを召し取られたと感じた韓国側は判定に激怒。

選手と指揮官が猛然と主審に詰め寄った結果、ベント監督に一発レッドが提示された(最終節はベンチ入り不可)。

英国出身のテイラー主審は、2019年のトッテナム対チェルシー戦でソン・フンミンに一発退場を宣告している。

【動画】ソン・フンミン、因縁審判から一発レッドを提示された“蹴り”シーン

そのため、韓国では「すでに我が国と悪い関係にあった人物」として取り上げており、問題視しているようだ。

なお、44歳のテイラー氏は、2010年に審判交流プログラムの一環として、J1とJ2で笛を吹いた経験がある人物でもある。