ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表と激突するクロアチア。

『24sata』によれば、クロアチア代表MFロヴロ・マイェルは日本についてこう述べたそう。

「日本が突破するとは思っていなかった。彼らに賛辞を送りたい。

彼らはサッカーは質だけでなく、最も大事なのはハートであることを見せつけた。

それを他の国以上に見せたし、そのことを賞賛する。

(要注意な日本人選手は)

気にしていないわけではないが、彼らの最大の強みはチーム全体だ。

驚異的な選手も出てくるが、最大の強みはチームだと思う。

僕らはそこを注視しつつ、さらに細かいディティールも見定める」

日本代表の決勝トーナメントは予想外だったとしつつ、賞賛するべきとコメント。

【関連】日本とW杯で戦うクロアチア代表、ロナウド超級の価値がある要注意選手

そのうえで、個人以上にチームとして警戒するべきだとも述べていたようだ。