FIFAワールドカップ・カタール2022の決勝トーナメント1回戦で日本代表とクロアチアが激突した。

日本は前田大然のゴールで先制するも後半に同点に追いつかれている。

※動画はTwitter上で視聴できます

そして、後半30分には鎌田大地を下げて、酒井宏樹を投入。

【関連】W杯クロアチア代表の美人妻・恋人! 獣医にモデル、14歳年上の姉女房も

BBCで解説している元イングランド代表ジャーメイン・ジーナス、元デンマーク代表GKペーター・シュマイケルはこう話した。

ジャーメイン・ジーナス(元イングランド代表MF)

「(同点弾は)完全に何もないところからのゴールだった。

ロヴレンが素晴らしいボールを入れて、ペリシッチがスーパーヘッドを突き刺した。

堂安はクロアチアに多くの問題を引き起こしている。ライン間で本当にうまくプレーしている。

日本は消えていかないだろう。まだ彼らのほうがいいように見える」

「今日の前田は本当によかった。前半は多くの問題を引き起こしたし、ゴールも決めた」

「鎌田の交代には驚いた。今夜の彼は日本にとって秀逸だった」

ペーター・シュマイケル(元デンマーク代表GK)

「(クロアチアの同点ゴールは)まさにこういうプレーを求めていた。

あそこにボールを入れて、戦わせる。ロヴレンはとてもいいボールを入れた。

まったく何もないところから生まれた素晴らしいゴールだ。

日本は追い付かれたことにどう反応するか。同じエネルギーで行けるか。

鎌田は日本のなかでベストプレイヤーだと感じている。怪我をしていたり、エネルギーが尽きていない限りは。

日本のいいことは全て彼を通して起きている」

【厳選Qoly】意外すぎる「クラブでリーグ優勝したことがない」世界最強選手たち

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら