アルゼンチンの優勝で幕を閉じたワールドカップ。ドイツは日本代表に敗れるなどして、2大会連続のグループステージ敗退となった。

そうしたなか、レアル・マドリーの元ドイツ代表トニ・クロースのツイートが話題になっている。

クロースは「誰かが僕のことを責めるのは分かっていたよ」というコメントに泣き笑いの絵文字をつけている。

カタルーニャの女性ジャーナリストであるクリスティーナ・クベロ氏は、『El Chiringuito』で、今大会で失望した選手のひとりとしてクロースを挙げていたのだ。

だが、クロースは昨年夏に代表から引退しており、今大会には出場していない。そのため、クロースは皮肉を込めたツイートをしてたというわけ。

【関連】日本代表、今ワールドカップで評価を下げてしまった6名の選手

その後、クベロ氏は「(間違いだというSNS上の指摘は)正しい。私はミスをした。トーマス・ミュラーのことだった。ブラジルのヴィニシウス・ジュニオールと同じくらい失望させられた」と釈明している。なお、クロースもヴィニシウスもレアル・マドリーの選手だ。

【5/28更新!】浅野がゴール!海外日本人選手の「最新ゴール動画」まとめ

絶対見逃さないで!久保、三笘ら海外日本人選手の「試合予定」はここでチェック

【動画】クリスティアーノ・ロナウドが決めた!怪物たちの「最新ゴール」