プレミアリーグ第20節、アーセナルはトッテナムとのノースロンドンダービーに0-2で勝利した。

ただ、試合後にはアーセナルGKアーロン・ラムズデールとスパーズFWリシャルリソンらのいさかいが勃発。その直後、ラムズデールはスパーズファンから蹴られるシーンもあった。

 

【動画】これは悪質…アーセナルGKを蹴った蛮行シーン

そうしたなか、ロンドン警視庁は、この事件の容疑者である35歳の男を起訴した。

当局は「15日の試合でアーセナル選手に暴行を加えたとして男を起訴した。35歳の男は、殴打による暴行、競技エリアへの侵入、競技エリアへの投擲物の投げ込みで起訴された。捜査チームは照会において、トッテナムから支援を受けた」としており、男は2月17日に出廷する予定。

スパーズはこのファンは即刻出入り禁止に直面するだろうとしている。

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら