ブンデスリーガ第21節、王者バイエルン・ミュンヘンは敵地でのボルシアMG戦に3-2で敗れた。

日本代表DF板倉滉もフル出場で金星に貢献している。そうしたなか、ボルシアMGのこんなツイートが話題になっている。

「GKヤン・ゾマーを買っても、グラートバッハに勝てなかった時」として、バイエルンのオリヴァー・カーンCEOが絶叫する写真を添えていたのだ。

バイエルンは負傷したマヌエル・ノイアーの代役として、この冬にボルシアMGからゾマーを獲得。この日はそのゾマーを起用するも勝てなかったことをボルシア側はイジっていたのだ。

【関連】最強バイエルンが「0円」で獲得した10人のスター

なお、ボルシアMGはバイエルンにとってもはや天敵と呼べる存在。2017-18シーズン以降のブンデスリーガで通算6敗もしているのだ(他のチームには3敗以上していない)。

この日は開始8分でDFダヨ・ウパメカノが一発退場になり、厳しい展開を強いられた。

ユリアン・ナーゲルスマン監督は「スポーツに感情はつきものだ。レッドカードの件もあり、試合後に発散せざるを得なかった。しかし、(主審の)周囲での言葉選びについては謝らなければならない。残念ながら、私は明らかにやりすぎた」と謝罪のツイートをしている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★