サッカー選手からセクシー男優に転向した人物の発言が英国で話題になっている。

かつてクリスタル・パレスのアカデミーに所属していたダミアン・オリヴァーだ。

彼は『Anything Goes With James English』で、ポルノ業界の大変さを語った。

当時、セクシー女優と交際していた彼は塗装工などとして働いていたが、本格的に業界入りを決意。ただ、現実は期待していたようなものではなかったそう。

「(セクシー男優を)やってみろと周囲からよく言われていた。

選手時代に女の子とよく寝ていたのを知られていたからね。『それで金も稼げるぞ』ってね。

でも、実際にやる自信がつくまではしなかったし、全く違うものだと(気付いた)。

クリスタル・パレスにあのまま所属していたら、サッカーで大金を稼げたかもしれない。

喧嘩もよくしてたので、どこかでやっていたかもしれない。

自分はどっちも得意だったが、セクシー男優になるのも同じくらい良いと思っていた。でも、世間が思うほど良くはない。

(初めての撮影は)おそろしかった。最初の現場で、ハゲたでかいアイルランド人のカメラマンはめっちゃこわかった。

彼の前で自分のを取り出して、始めなければいけなかった。

(プレッシャーで萎縮した後、共演者のおかげで解決したものの)

ラミネートフローリングみたいになっていて、半裸の俺は自分の汗で滑ってしまった。

撮り続けなければいけなかったが、俺は床でずっと滑り続けていたし、彼らは床を拭き続けていたよ。俺はずぶ濡れでただただ混乱してたね」

6時間で150ポンド(2.4万円)というギャラだった最初の撮影はとにかく大変だったとか。

【関連】マッスルレスラーになれそうな筋肉選手10名を選んでみた

彼はセクシー男優に転向する前に刑務所に入っていたこともあるそう。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★