8日に、元ドイツ代表DFマーセル・ヤンゼンが「別のクラブのエンブレムにキスはできない」と現役引退を発表した。ヤンゼンは、29歳の若さであり衝撃を与えたが、世界でも20代の終わりを1つの区切りとしてフットボールの世界から去った選手は少なくない。

今回は、才能や実績がありながら惜しまれながら30歳までに“早すぎる引退”をした名選手達を見ていこう。

悲運の天才

才能がありながらも怪我に泣いた男たち


マルコ・ファン・バステン

17歳でデビューし、その試合でハットトリックを達成。度重なる怪我がありながら、3度のバロンドール、EURO88優勝などを経験したストライカー。

ミラン時代にフランク・ライカールト、ルート・フリットと共に「グランデ・ミラン」と呼ばれたチームをけん引した。スクデット3回、チャンピオンズカップ優勝2回、トヨタカップ2回、輝かしい成績を残した。

だが、1993年28歳の時のチャンピオンズリーグ決勝が現役最後の試合となり、その後1試合も出場することなく1995年30歳の若さで現役引退を発表した。

EURO88決勝のソ連戦で見せた角度のないところからのボレーは、今でもサッカー界のベストゴールの1つとして語り継がれている。


【次ページ】続・悲運の天才