J2の水戸ホーリーホックは28日、ドイツ2部のハノーファー96との育成業務提携を発表した。

アカデミーから選手を育成し、地域の人々から愛されるクラブを目指す水戸ホーリーホック。近年、多くの選手をJ1へ送り出すなど、国内では“育成型クラブ”としての実績を示している。

さらにその成長の速度を上げ、可能性を広げていくことを目指したグローバル戦略として、同クラブは海外クラブとの提携の可能性を探ってきたという。

今回、水戸のトップパートナーであるJX金属のグループ会社、TANIOBIS GmbH(※本社はドイツ・ゴスラー市、国内拠点は茨城県の常陸大宮市)が両クラブのパートナーになることで、育成業務提携が実現した。

契約期間は2023年7月からの3年間。水戸ホーリーホックに所属する若手選手が毎年1名、ハノーファー96のU23チーム(※ドイツ4部)へ期限付き移籍し、そこでトレーニングや試合を通じて、トップレベルへのステップアップを目指していくことになる。

それ以外にも今回の提携により、協働でのスカウティングシステムの構築やeスポーツを通じた交流、アカデミーからトップまでの指導者の研修や若手選手の短期留学の機会の提供、さらにそれぞれが持つノウハウやネットワークを共有しながら、両クラブのさらなる発展を目指すとのことだ。

関係者のコメントは以下の通り。

水戸ホーリーホック 代表取締役社長 小島耕氏

「この度、伝統あるドイツの名門クラブであるハノーファー96と育成業務提携を締結できることを心より嬉しく思っております。Jリーグでは責任企業を有するクラブがトップグループを形成する中、水戸ホーリーホックのような地方市民クラブが生き抜いていくためには、常に様々な新しいチャレンジを続けていく必要性を感じています。

我々は来年クラブ創設30周年という節目の年を迎えますが、今回のハノーファー96との提携は、若きタレントの育成に大きなアドバンテージとなるだけでなく、クラブの価値を高める大きなターニングポイントになると確信しています。

最後に、我々のクラブにとって歴史的な転換期を実現するにあたり、多大なるご支援・ご尽力を賜りましたTANIOBIS GmbH様ならびにJX金属株式会社様には、心より感謝申し上げます」
ハノーファー96 スポーツダイレクター マルコス・マン氏

「水戸ホーリーホックとの育成に関する業務提携は、両クラブにとって非常にポジティブなものだと確信しているからこそ、無事に締結できたことを非常に嬉しく思っています。この提携を実現するために尽力してくれた関係各位の皆様に心から感謝するとともに、これからの両クラブの交流がどのような未来を作っていくことができるかが非常に楽しみです」

【関連記事】海外は合わん!ヨーロッパから一瞬で帰ってきた日本人選手5名

ハノーファーは現在、室屋成がプレーしており、過去にも酒井宏樹や清武弘嗣、山口蛍、浅野拓磨、原口元気が所属していた日本人にとって馴染み深いクラブ。両者のつながりに注目していきたい。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら