バルセロナは14日に行われたヘタフェとのリーガ開幕戦に0-0で引き分けた。

ポゼッションでは75パーセントと押し込んだものの、ゴールは奪えず。

両チームに退場者が出たほか、イルカイ・ギュンドアンが相手DFの肘打ちを腹部受けて悶絶するなど激しいプレーの応酬もあった。

試合後、バルサMFフレンキー・デヨングはDAZNのインタビューでこう述べていたそう。

「僕らはもっとうまくやらなければいけない。それは確かだ。

でも、レフェリーは、特にリーガは、こういうこと対して一線を引かなければいけない。

ヘタフェのせいではない、あれが彼らのやり方だからね。彼らはああいう風に戦う。

でも、9分の追加タイムは多いように思えるけれど、後半だけでも25~30分のロスがあった。これは恥ずべきだ」

実際のプレータイムはかなり少なかったとして、判定の基準改善を求めていたようだ。

【関連記事】言い方が酷い…「応援するのが恥ずかしいクラブ」TOP9

なお、ファウル数はヘタフェが20、バルサが11回だった。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★