毎週木曜日に『DAZN』で配信されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回は先日現役を引退することを表明した元なでしこジャパンのエース、岩渕真奈がゲストとして出演し、トークを行った。

その中で久保建英と縦のコンビを組んでいるアマリ・トラオレの話になると、サイドバックのプレーについてこんなトークが…。

岩渕「(アタッカーとしては、サイドバックのオーバーラップは)とても助かりますね。無駄になる可能性があるじゃないですか。

なので、自分は一番やりたくないポジションです。内田さんの前で言うのもアレですけど」

内田「おいおいマジかよ。爆弾発言出るんじゃないかこれ」

岩渕「真面目で、人のために走れる選手がやってくれることは、前の選手にとってはありがたいことだなと思います」

内田「サイドバックはどんなところがマイナスイメージ?」

岩渕「どフリーなのに使われないことってあるじゃないですか。いまパスを出してくれたら絶対行けるのに使われないのが、他のポジションよりも著しくわかりやすい。

『出せよ』って思っちゃうし、多分イラッとしちゃうっていう。性格的に向いてないです」

内田「…向いてないです(笑)サイドバックには向いてない。尻拭いするのがサイドバックです。どこかにズレがあったりすると全部それをカバーする。

攻撃のときもオーバーラップして使われないこともありますけど、それを気にしていたらプレーできませんので」

【関連記事】4ゴール快勝のドイツ戦、特に「ハイクオリティ」だった日本代表5名

岩渕真奈は自分がいい状況にあるときにボールが来ないことに不満を持つタイプで、そのような性格ではサイドバックに向いていないとか。

【厳選Qoly】悲願の初優勝!Jリーグとレヴァークーゼンでプレーした5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら