FIFA女子ワールドカップで準々決勝敗退となったなでしこジャパン(日本女子代表)。

内田篤人はDAZNで放送されているFOOTBALL TIMEでこんな話をしていた。

「(スウェーデンとの準々決勝は)おもろかった。

前半は難しかったんだけど、後半は後がなくなって攻めるしかねぇってなった時のあの強さ、粘り強さ。すげぇおもしろかった。

バーに2,3本当たってるからね、ポストもそうだけど。

長谷川唯、めっちゃうまい!長谷部よりうまいぞ、あれ、たぶん。マジで!

途中で足首で変えるもん、ターンとか。見てるとことか、落とすボールとか、めっちゃうまいな、長谷川唯。

ちょっとびっくりした。本当に、すげぇ!と思った」

マンチェスター・シティの女子チームに所属する長谷川唯は、大会前から「俊敏な魔法使い」と海外でも注目されていた。

【関連記事】「ゴール後にユニフォームを脱いだ」女子サッカーのスター選手5名

今大会でも期待に違わぬプレーを見せつけたが、内田は長谷部誠よりもうまいと感じたとか…。

足首を使った瞬時の方向転換や視野、落としなどの技術に驚かされたそう。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら