モナコは23日に行われたニースとのダービーマッチに0-1で敗れた。

フォラリン・バログンが2本のPKを失敗(1本は南野が獲得)。また、南野にも得点機があったが、それも相手GKマルチン・ブウカに阻止された。

ホームのモナコはチャンスを作っていたものの、後半アディショナルタイムにジェレミー・ボカの一発に沈んだ。

現地紙はこの日の南野をこう評価していた。

『Maxifoot』

4.5点。シーズン序盤は好調だったが、このダービーではやや期待外れだった。

試合序盤は昨季のようにライン間でやや迷いが見えた。ボールロストも多く、味方にも見つけてもらえず。

ほとんど脅威になっていなかったが、PKを獲得。ただ、(バログンが蹴ったPKは)相手GKに阻止された。

『Monaco-Matin』

6点。彼らしくなく感情的になる場面も。常にアクティブだったが、自分を表現するのに苦しんだ。ただ、PKを獲得している。

PKをバログンが決めていれば試合自体が変わっていたはずだが…。

【関連記事】「背番号10をやめた」10人のスター選手

モナコは10月1日の次節でマルセイユと対戦する。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★