先日、今シーズン限りでの引退を発表した元日本代表FW李忠成。

DAZNの『やべっちスタジアム』にリモート出演し、伝説となった2011年アジアカップ決勝での決勝ゴールなどについて語った。

長友佑都のクロスをボレーで仕留めた一撃は日本代表史上に残る美しさとインパクトがある。

李はそんな伝説ゴールについての秘話を明かしていた。

「僕の一番のゴールですよね。

やはり影響もそうですし、その後の人生を変えたのもこのゴールだったので。

ひとつのゴールでこんな多くの人達と感動を共有できる。それを作り出せたことがすごく嬉しいなと。

(ゴール後に弓矢を放つセレブレーションをした理由は)

カタールの王様が試合を見に来ていると聞いたので、VIP席に向かって、『俺を海外に連れてってくれ!』って思いを込めて、VIP席に向かって放ちました(笑)

これ初めて言うんじゃないかな、多分」

2011年のアジアカップはカタールで行われたが、あのポーズは王族に向けたアピールだったとか。

【関連記事】鈴木優磨も…「欧州クラブへの移籍が“直前で破談”になった日本人たち」

李は翌2012年1月にサンフレッチェ広島からサウサンプトン(当時2部)に移籍している。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★