17日の午後9時10分にキックオフされたキリンチャレンジカップ2023、日本代表対チュニジア代表。

日本は68分に左サイドを抜け出した久保建英からのクロスで、ファーポストに余っていた伊東純也がシュートを決めて2点目を奪取。リードを広げた。

松井大輔は久保建英のプレーについて、とにかく選択肢を変えられることが素晴らしいと称賛した。

松井大輔

「高度なね。久保くんは中を見ると見せかけて…中にパスを出すと見せかけて自分でシュートとか。なかなか高度ですよ。

そして(アシストは)やっぱり久保くんですよね。抜け出したあとに、行くかとちょっと1回停まった動きを見せて、すぐ前に出て。

さらに、そのあとニアに蹴ると思いながらも、さらにファーへと蹴って」

【関連記事】日本代表が世界一!なんとFIFAランキングトップ30で直近5試合のゴール数が断トツ1位だった

槙野智章

「この守田と上田綺世の相手を引き付けるランニングもいいですよね。前に入ることによってこの(伊東純也の)スペースが生まれる」

また、槙野智章は伊東純也にスペースを与えた上田綺世と守田英正の動きについても称賛していた。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら