パルマでの活躍で知名度を高め、ユヴェントスへと移籍したあと、2022年にトッテナム・ホットスパーへとやってきたスウェーデン代表MFデヤン・クルセフスキ。

今季もアンジュ・ポステコグルー監督の下で信頼を受け、12試合で3ゴールという結果を残しており、素晴らしいスタートを切っている。

『Daily Mail』によれば、今回彼はインタビューで「プレミアリーグで最もお気に入りのウイング5名」を聞かれてこう答えていたとのこと。

デヤン・クルセフスキ

「5位はギャレス・ベイルだ。彼のような選手を今まで見たことはないよ。

信じられないようなシュートを打つし、とても足が速くて、更にボール扱いが上手かった。多くのポジションでプレーし、多くのゴールを決めた。

4位はフラムにいるウィリアンだ。彼は信じられないような選手だが、とても過小評価されているよ。だから彼を見られるのはとても良いことだ。

3位はモハメド・サラー。彼は毎年20~25ゴールを決め、さらに20アシストを提供できる。信じられないような選手で、毎年彼がどれだけ一生懸命努力しているかが分かるよ。

2位はクリスティアーノ・ロナウド。彼は素晴らしい友人であり、素晴らしいフットボーラーだ。史上最も偉大な選手の一人だし、とても尊敬しているんだ。

そして1位はエデン・アザールだよ。彼は幼い頃から僕のお気に入りの選手で、いつも幸せな気分にしてくれた。

もちろん彼のプレーでみんなを幸せにしていたよ。彼はサッカーをして、ゴールを決めて、アシストをする、子供にとっては喜びを与えてくれる選手だったからだ。

僕も彼のことをよく見ていたから、ボールを持ってからの動きやターンを真似しようとしているよ。ただ、僕のほうが背が高いから難しいね」

【関連記事】プレミアリーグ、今季の「クラブ最速選手」TOP5

クルセフスキは4位にウィリアンを入れ、「彼は過小評価されている」と話したそう。結構意外な人選だと話題になったようだ。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら