今季からリヴァプールでプレーする日本代表MF遠藤航。

12日に行われたブレントフォードではフル出場で3-0の勝利に貢献したが、現地で物議を醸すプレーもあった(動画3分18秒から)。

ボールタッチが大きくなった際、リカバリーしようとしてスライディングしたところで相手MFクリスティアン・ノアゴーと接触。

VARでレッドカードに該当するかの確認が行われたが、結果はお咎めなしだった。ただ、ブレントフォード側からはイエローカードも提示されなかった判定に対する不満があがっている。

そうしたなか、BBCラジオで解説をするポール・サルト氏は、『The Red Kop podcast』で遠藤についてこんな指摘をしていたそう。

「彼は半ヤード(45センチ)遅いように見える。彼にとってゲームがあまりに速いようだ。

昨日(ブレントフォード戦)のことだけを根拠にしているわけでない、彼を見る時はいつでもそうなっている。試合のペースについていけないようだ。

退場にはならなかったが、物議を醸したあのタックルは、タッチの悪さによるものだ。

レッドカードだとは思わない。トーマス・フランク(ブレントフォード監督)の発言は理解できるが、彼は足裏で行ったわけではなかった。悪いタッチを取り戻そうとして、当たってしまった。イエローカードが妥当だったと思う。

少し気になるのは、彼がゲームに対してやや遅すぎるか、彼にとっては速すぎるように見えること。

タックルはずれたものだったが、それがペースについていけないからなのかは分からない。

(ブレントフォード戦での)起用には驚いた。木曜(ELトゥールーズ戦)の前半はまったくダメだったからね」

遠藤がプレミアリーグのスピードに対応できていないと感じているようだ。なお、トゥールーズ戦では前半だけで交代になった。

【関連記事】プレミアリーグに「来ないほうが良かった」10名

リヴァプールは代表ウィーク終わりの25日にマンチェスター・シティとのビッグマッチが控えている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★