先日行われたワールドカップ2026・南米予選のブラジル対アルゼンチンは、多くのトラブルが発生したカオスな試合となった。

マラカナンスタジアムの観客席ではサポーター同士の衝突が発生。その結果キックオフが30分ほど延期されることに。

さらに国家が斉唱されている間に暴動がエスカレートし、それを受けて警察官が介入。アルゼンチンのサポーターに対して激しい取り締まりを行った。

その最中、アストン・ヴィラに所属しているアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスは、ファンを警棒で殴ろうとする警察官を止めようとスタンドに向かって飛び上がっていた。

ブラジルの警察官に飛びかかろうとするマルティネスであるが、チームメイトに制されてスタンドから引き剥がされることに…。

【関連記事】日本代表がメッシに勝った!「2010年のアルゼンチン代表伝説スタメン」がこれ

試合は混乱の中で行われ、アルゼンチンが1-0と勝利を収めた。しかしその後リオネル・メッシがブラジルの警察の行動に対して激しい批判を行ったり、リオネル・スカローニ監督が退任をほのめかしたりと混乱は止まず。今後も尾を引きそうな遺恨の試合となってしまった。

【厳選Qoly】炎が復活!日本代表、2024新ユニフォームを発表 「ヨウジヤマモト×adidas」のY-3と歴史的なコラボが実現