シュトゥットガルトは、日本代表DF伊藤洋輝が2023年の残り試合を欠場すると発表した。

25日のフランクフルト戦で筋肉を痛めたとしており、日本に帰国して治療とリハビリを行うとのこと。

ブンデスリーガで3位につけるシュトゥットガルトは年内の残り5試合(1試合は国内カップ戦)を伊藤抜きで戦うことになった。

【関連記事】2023年終了の日本代表、今年評価を上げた5名

なお、日本代表は来年1月~2月にアジアカップが控えており、伊藤が出場できるかも気がかりなところだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら