アジア王者としてFIFAクラブワールドカップに出場する浦和レッズは、15日にメキシコのレオンと対戦する。

『Fox Sports』によれば、レオンを率いるアルゼンチン人のニコラス・ラルカモン監督は、こう述べていたそう。

「キャリアのなかでとても重要な試合はあったが、私や選手、クラブにとってこの試合が最も重要な試合になるのは間違いない。

(浦和は)非常にいいチームだ。アジア王者だけのことはある。

それを成し遂げるためには非常に多くのライバルを打ち倒さなければいけないことは知っている」

監督キャリアのなかで一番大事な試合になると意気込んでいたようだ。そのうえで、浦和は多くの強敵を撃破してアジア王者になったと警戒もしている。

【関連記事】アジア王者!浦和レッズのユース出身選手「最強ベストイレブン」

浦和とレオンの勝者は準決勝で欧州王者のマンチェスター・シティと対戦する。

【厳選Qoly】ジュビロ磐田ユースが輩出した「世界規格」の最高傑作5名