フランス1部オリンピック・リヨンとキットサプライヤーのadidasは6日、2023-24シーズンの新サードユニフォームを発表した。

ストリートアーティストがデザインした今回のユニフォームは、同じくリヨンの街を拠点とするバスケットボールのチームと共同で製作している。

Olympique Lyonnais 2023-24 adidas Third

オリンピック・リヨン 2023-24 adidas サード ユニフォーム

23-24新サードユニフォームは非常にカラフルで大胆かつ抽象的なグラフィックが登場。これを描いたのはサイモン・ポターという、リヨンの街を拠点に活動するストリートアーティストだという。

抽象芸術の世界ではフランスでも有名な存在だというアーティストがこのデザインで表現したのは「リヨンの街の豊かな文化」。スカイライン(建築物の輪郭線)の中に、リヨンの街の象徴であるライオンの“牙”が描かれている。

そんな大胆なデザインは、リヨンを本拠地とするプロバスケットボールチームのアスヴェル・バスケット(LDLC ASVEL)と共同で制作。両者が共通のデザインを使用するという。

デザイナーであるサイモン・ポターの作品を見ると、今回のカラフルでポップなデザインとの共通点を見い出せる。マルチカラーと明るい色調はポターの代名詞のようだ。

この秋「街着にしてみたい」おしゃれサッカーユニフォーム5選

15日のモナコ戦に勝利し今季3勝目を挙げたとはいえ、16位と下位を彷徨う名門リヨン。気分も沈みがちなところにこの明るいデザインの登場は、ある意味で良いタイミングかもしれない。

そんな現代アート風デザインの新サードユニフォームは、クラブ公式オンラインストア他で販売中。

現在では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。懐かしいユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら