かつてFCポルトやモナコ、レアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘンなどで活躍したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、カタールリーグでの生活に馴染めなかったことを告白したそう。

2014年のワールドカップで得点王に輝いたあと、巨額の移籍金でレアル・マドリーへと移籍して話題を集めたハメス・ロドリゲス。

巧みな技術やファンタジックなプレーに加え、イケメンなルックスも相まってすぐに世界的なスター選手として評価されるようになった。

ただ、その後レアル・マドリーとバイエルン・ミュンヘン、エヴァートンでのプレーを経て2021年にカタールリーグのアル・ラーヤンへと移籍することになる。

そこでは大きな期待を受けたもののあまり活躍することができず、2022年9月にギリシャのオリンピアコスへと移籍。カタールではわずか1年だけのプレーに終わっている。

現在ブラジルリーグのサンパウロに所属しているハメス・ロドリゲスは、今回『Globo』のインタビューに答え、カタールでの生活に全く適応出来なかったと明かしたそう。

「カタールでの人生と文化は、とても難しいものだったよ。適応するのが難しい国だった。

サッカーでは、誰もが裸になってシャワーを浴びるものだと知っているだろう?しかし、チームメイトは言うんだ。『そんなことをしてはいけない』と。怖かったよ。

そして、誰もが素手で食事をする。それは僕にとっては難しいものだった。彼らは食事をシェアしようとするが、僕は言ったよ。『いや、遠慮するよ』と。

ナイフを求めても、彼らは言うんだ。『ダメだ、食事は手でするものだ』と。僕は『君たちはクレイジーだよ。手で食事などしたくはない』と答えた」

カタールはイスラム教の国であるが、ハメス・ロドリゲスはその習慣に全く馴染むことができず、独特の食事や入浴の手法を嫌っていたようだ。

なお、現在プレーしているブラジルリーグについては「思ったよりもかなりフィジカルなリーグだった」と話しているという。

「ブラジルのサッカーについては、行く前は『あまりフィジカルなものではないだろう』と思っていたけど、とても激しいものだった。ファウルで試合が止まることも多く、衝突も頻繁にある。

もっとテクニカルなリーグだと思っていたよ。とてもクオリティが高い選手もいるが、試合はとても難しかった」

サウジと比べてどう?カタールリーグにいた「世界的スーパースター10名」

なお、今年ハメス・ロドリゲスはサンパウロで12試合に出場しているものの、わずか1ゴールとなかなか活躍できずにいる状況だ。

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら