26日、ウェンブリーで行われたチェルシーとのリーグカップ決勝に1-0で勝利して優勝を遂げたリヴァプール。

日本代表MF遠藤航は延長戦も含めて120分間フル出場し、現地でもその活躍ぶりが賞賛されている。

その遠藤は「僕らがカラバオカップチャンピオンだ!このチームをとても誇りに思う」とのメッセージで英語でInstagramに投稿。すると、イアン・ラッシュ氏も拍手の絵文字を送っていた。

62歳のラッシュ氏は元ウェールズ代表FWで、リヴァプール史上歴代1位の通算得点数を誇るスーパーレジェンド。イングランドとリヴァプールの殿堂入りを果たしており、大英帝国勲章も授与されている。

海外日本人選手、市場価値がこの1年で最も上昇した10人

そんなレジェンドの目から見ても、遠藤の貢献ぶりは確かなものだったようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら