15日に行われたセリエA第15節ウディネーゼ対ローマ戦は試合途中に打ち切りとなった。

後半にローマDFエヴァン・エンディカが左胸付近を抑えて倒れ込み、プレー続行不可能に…。その後、試合が中止になった。

ローマはエンディカには意識があり、検査のために病院に搬送されたと発表。

24歳の彼は昨季までフランクフルトに所属しており、鎌田大地や長谷部誠ともプレーした選手だ。

『Sky』によれば、スタジアムで心電図検査を受けた結果、規則に則って搬送が決定したものの、心臓発作の可能性は否定されたという。搬送先の病院を訪れたローマのダニエレ・デロッシ監督も「よかった、よかった」と安堵していたそう。

心臓の病気から生き延びた不屈の10人

イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、エンディカは試合中に2度ほど強い打撃を受けていたので、心臓発作ではなく外傷性の可能性もあると伝えている。

【厳選Qoly】日本人選手vs韓国人選手、いま市場価値が最も高いのはこの8人!1位は99億円

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら