今季限りでリヴァプールの監督を退任したユルゲン・クロップ氏。

2001年から2008年までマインツ、2008年から2015年まではドルトムントを指揮した。

そうしたなか、ドルトムント時代に指導を受けたケヴィン=プリンス・ボアテングは、『ZDF』でこんな話をしていた。

「新しい緑のカエル色をした靴を履いていったことがある。すると、彼は横を通り抜けると、オナラをしながらこう言ったんだ。『おぉ、その靴はクールだね、音までするとは!』ってね(笑)」

クロップらしいお茶目なエピソードだろうか。

クロップ監督が獲得した「最強の5選手」

なお、ボアテングは2009年1月にトッテナムからのローンでドルトムントに加入し、半年間だけクロップのもとでプレーした。

【厳選Qoly】ジュビロ磐田ユースが輩出した「世界規格」の最高傑作5名