毎週木曜日に『DAZN』で最新作が配信されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回はヨーロッパの2023-24シーズンのクライマックスとなる各国カップ戦のファイナル、リーグ戦の結果などを特集していた。

その中で先日現役最後の試合を終えた岡崎慎司の話も。インタビューで「後悔はないというより、後悔しかないですけど、しょうがないという感じです」と語っていた彼について、内田篤人は以下のように話していた。

「岡ちゃんらしいですね。後悔しかないって。彼は真面目というよりは『自分に何ができるのか』を考えてやっている人だからね。

このあともサッカーを続けると言っていたから、監督とかですかね。ヨーロッパに残るっぽいですけど、最近はあまり連絡取ってないのでナゾです。

さっきリヒト(山本理仁)から岡ちゃんとバーベキューやってる写真が送られてきて、『彼は今日も元気です』みたいな…。

岡ちゃんとは、たまにですけどすごく長い電話をするんです。『何してんねん』というところから始まって、『うっちーはもっとサッカー界に入っていかないとアカンやろ、いつ指導者始めんねん!』みたいな感じで言われます。

(内田さんと岡崎さんが組んで何かをすることは?)岡ちゃんにその気持ちがあれば嬉しいですけど…ないでしょ、多分あの人には(笑)。すごく考えてる人ですし、逆に僕は何も考えてないので」

一番すごいかも!「岡崎慎司の同僚ベストイレブン」

長くドイツ・ブンデスリーガや日本代表チームでともに戦ってきた内田篤人と岡崎慎司。最近は連絡を取っていないそうだが、ときに長電話をすることもあるという。

そして岡崎慎司からは『早く指導者を始めろ』とせっつかれているようで…。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」