12月29日、『Guardian』は「スウェーデンで休暇を過ごしているズラタン・イブラヒモヴィッチがヘラジカを狩ったことに対し、動物保護団体が反対の声明を発表している」と報じた。

狩りを趣味としており、そのために一つの島を購入したことでも知られているズラタン・イブラヒモヴィッチ。今年公開されたスウェーデンの自動車メーカーVOLVOのコマーシャルでも猟銃を構えている場面が使われている。

そして28日、『Expressen』が巻頭で「ズラタン・イブラヒモヴィッチが500kgもの大きさのヘラジカを仕留めた」と特集記事を発表した。

スウェーデンでは狩猟は一般的なレジャーの一つであり、同国には30万人もの競技人口がいると考えられている。ズラタンも2010年に免許を取得しており、違法行為ではない。

しかし、この記事にスウェーデンの動物保護団体が反発。「有名人には象徴的な価値があり、行動に正当性を与える」としてズラタンの行為を非難した。

カミーラ・ビョークボム スウェーデン動物保護団体書記長

「これは問題がある。有名人がこのようなことをすれば、これらの活動をサポートしているような印象を広めることになる。有名な人物が公で物事を行う際には、常に象徴的な価値がある。それが正当性を与えてしまう。

我々はレジャーで行うヘラジカ狩りなどの文化に盲目である。野生動物の存在に対し、ハンターは不均衡な影響力を持っている。動物に対する福祉という視点が存在していない」