3月20日(金)に原宿のサッカー&カフェ「mf」で行われるトークイベント、『Talking About Football』の第28回についてご紹介します。


『 Talking About Football Vol.028 西芳照 』

「 あたたかい料理を出してあげたい 」

( アルパインローズHPより )

食事という決して目立つことのない舞台裏で 日本代表を支えてきている影の功労者。

サッカー日本代表専属シェフ 西 芳照

JFAナショナルトレーニングセンター「 Jヴィレッジ 」の総料理長を務め、2004年からは日本代表チームの専属シェフとして、ジーコ監督、オシム監督、岡田監督、ザッケローニ監督、アギーレ監督に追従。

選手たちからの信頼も厚く、ブラジルW杯出場が決まる試合の前、遠藤保仁選手は代表チームのスタッフに、「 西さんを必ずスタジアムに呼んで 」と告げたんだそう。

「 選手たちを自分の子供のように思って、温かくておいしいものを食べさせてあげたい。今日は違うものを食べてもらいたいとか、そういう気持ちを持って料理をつくることが大切だと私は思っています。 」

( 「サッカー日本代表を支える"勝負メシ"」より )

日本代表での仕事は、朝、昼、夜の三食の用意だけでなく、調理用具の準備、食材の調達、献立の決定、現地のシェフやスタッフたちとの打ち合わせなど、多岐に渡っています。

東日本大震災後は、 Jヴィレッジで働く作業員のための「 ハーフタイム 」、 近接する公園内に「 アルパインローズ 」を オープン。

「 一期一会がいかに大切か、それはサッカーの仕事を通じて学んだことです。震災を経て、ますますその思いが強くなった。それを教えてくれたサッカーがまたJヴィレッジで見られたらという思いを、やっぱり捨てたくはありませんね。 」

( 「Number Web」より )

今回は、日本代表選手や監督の食事について、専属シェフから見る日本代表について、福島県の今とこれからについて、など、たっぷりと語っていただこうと思います。

[開催概要]

開催日時:
 2015年3月20日(金) 20:00 KickOff

開催場所:
 futbol&cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12

参加費:
 2,000円(ワンドリンク付き)

*当イベントは予約制となっております。
03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.comまでご連絡ください。


[西芳照 プロフィール]

日本代表専属シェフ。
株式会社DREAM24代表取締役。
主な著者に「サムライブルーの料理人3・11後の福島から」(白水社)「世界と闘う サムライブルーの必勝ごはん」(家の光協会)