バルセロナとレアル・マドリーが激突するエル・クラシコのキックオフが今夜に迫ってきた。今回両者がしのぎを削るのは、カンプ・ノウだ。

ここでは事前情報を交えつつ、Qoly編集部員たちでスコアを予想してみた!

まずは『as』などが伝えている両チームの怪我人の情報から。

▼バルセロナ

DFジェレミ・マテュー:出場微妙(筋肉系)

DFジョルディ・アルバ:おそらく出場可能(膝と腓骨の挫傷)

DFジェラール・ピケ:おそらく出場可能(足首)
▼レアル・マドリー

FWギャレス・ベイル:OUT(足首の腱損傷)

FWアルバロ・モラタ:OUT(ハムストリング)

MFトーニ・クロース:OUT(足骨折)

DFファビオ・コエントラォン:出場微妙(筋肉系)

DFダニーロ:出場微妙(不明)

なお、10月に膝を負傷して全治6~8週間と診断されたMFアンドレス・イニエスタだが、すでに練習に復帰。クラシコでの即出場もありうるとされている。また、マテューについても復帰の可能性が伝えられている。一方のマドリー側はDFラファエル・ヴァラヌの出場が微妙との情報も。

現時点で首位マドリーと2位バルサとの勝ち点差は6。バルサとしては負ければ終戦となる可能性さえあるだけに、勝利は必須だ。

ただ、クラシコ史上最多スコアラーであるリオネル・メッシ(通算21得点)は、最近の対戦では4試合ほどゴールがないのが気になるところ…。

最後に直近5試合の結果を見てみよう。

2016年4月 バルサ 1- 2 マドリー(カンプ・ノウ)

2015年11月 マドリー 0-4 バルサ(ベルナベウ)

2015年3月  バルサ 2-1 マドリー(カンプ・ノウ)

2014年10月  マドリー 3-1 バルサ(ベルナベウ)

2014年3月 マドリー 3-4 バルサ(ベルナベウ)

バルサ3勝マドリー2勝という結果。リーガでの対戦では2002年以降、スコアレスドローは一度もない。

【次ページ】ずばりこう予想する!