UEFAチャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンに1-5で敗れたアーセナル。アーセン・ヴェンゲル監督に対する風当たりも強くなるばかりだ。

そんななか、かつての教え子であるサミル・ナスリ(現セビージャ)が、ヴェンゲルについてコメントした。『Skysports』がその言葉を伝えている。

サミル・ナスリ

「彼のような人を批判することなどできない。それは不可能なことさ。

アーセナルはビッグクラブだったけど、彼がさらに大きくした。

人々はフェアにならなきゃいけないよ。

アーセナルがリーグで成功していないのは、彼のせいじゃない。ピッチに立っている選手(の責任)さ。結果を出していないのは選手だ。

彼について自分がなにか言うのは難しいね。彼にはかなりの借りがあるから。

俺がプレミアリーグに行けたのは彼のおかげだし、いいキャリアを送れているのも彼のおかげさ。

俺を信頼してくれたし、よりいい選手にしてくれた。

彼のもとでプレーした全ての選手は、(ヴェンゲルのもとを)去る時にはよりいい選手になっていると思うね。

(問題は)彼じゃないと思うな。アーセナルには多くの物事がある。アーセンだけじゃなく、選手、フロントなども精査する必要がある」