『Talksport』は15日、「2010年8月以来、欧州で最も得点を決めているディフェンダーTOP20」という記事を掲載した。

サッカーで常に注目を集めるのは得点。それを決めるのはストライカーの役割であるが、厳しい試合であればあるほどチャンスは少なくなる。

その際に試合を決めるゴールをあげるのは、得てしてセットプレーからだったりする。そして、そこでヒーローになるのはセンターバックであることも…。

2010−11シーズン以来、貴重なゴールを最も決めてきたディフェンダーたちとは?

14位:マルティン・シュクルテル(フェネルバフチェ)

得点数:15

マルティン・シュクルテル(フェネルバフチェ) 得点数

14位:リカルド・ロドリゲス(ヴォルフスブルク)

得点数:15

リカルド・ロドリゲス(ヴォルフスブルク) 得点数

【次ページ】その2