『Daily Mail』は18日、「マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFフアン・マタは、中国からの週給37万5000ポンド(およそ5173万円)というオファーを断った」と報じた。

先日大きく報じられたフアン・マタの噂。中国からかなり大きな額のオファーが舞い込んだものの、それを断ったという話だった。

マンチェスター・ユナイテッドとの契約が今季限りで満了になる状況で、1年の延長オプションはまだ行使されていない。

そこで舞い込んだのが中国超級リーグに所属しているクラブからのオファーだったとのこと。

そして、その額はなんと税引き後の額で週37万5000ポンド、年に直せば26億9000万円ともなる凄まじいものだったという。

しかしながら、マタ自身はマンチェスター・ユナイテッドとの契約を1年間延長することを希望し、それを断ったとのことなのだ。

フアン・マタ

「僕はここで幸せだよ。マンチェスターでね。4年近くここにいた。人々を愛している。街も素敵だ。

父親はスペイン料理のレストランをオープンした。ここに住んでいる。幸せだ。この時が続く限り、ここにいることが嬉しいんだ」

なお、今のマタの年俸は週14万ポンド(およそ1931万円)であると言われており、中国からのオファーは2.5倍以上。税金を考えれば3倍を超えるだろう。

口で言うのは簡単であるが、そのオファーを断るのはかなり勇気がいるはずだ…。