「いくつかのイタリアのチームがジュゼッペのことを気にかけている。ユヴェントス、ローマを含め、ナポリやフィオレンティーナもだ。ただ、まだ具体的な交渉には進んではいない」
「彼がイタリアに戻ることになるかどうかはわからない。ここ数週間の間に、リヴァプール、トッテナム、アーセナル、シティらプレミアのクラブも興味を持ち始めていることがわかったしね」

ジュゼッペ・ロッシの代理人を務める、アンドレア・パストレッロはcalciomercato.it に対してそのように語った。

ビジャレアル側が放出を容認するかは未定であり、何故、代理人がこのような行動をとったのかも謎ではあるが、ロッシ自身は、かつてプレイしたこともあるプレミアリーグかセリエAへ戻ることを希望しているのかもしれない。