シーズン途中にユヴェントスにローンで加入したマルティン・カセレス、アントニオ・カンドレーヴァの両選手は、今夏には完全移籍を果たすのではないかと思われていたが、イタリアの新聞 La Stampa は、「買い取り権利を行使しないだろう」と報じた。

最大の理由は財政的な問題。GMのジュゼッペ・マロッタもFW陣に大型ストライカーを加えようと試みているようで、消去法でカセレスとカンドレーヴァの名前は消えたという考えだ。

その場合は、それぞれバルセロナとウディネーゼに戻る。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】