これまでピッチでのおしっこと言えばイェンス・レーマンの専売特許ともいえるものだったが、彼に継ぐ者が表れた。パルメイラスとチリ代表で10番を背負う、ホルへ・バルディビアだ。

14日に行われたコパ・ド・ブラジルの準々決勝、サント・アンドレ戦での出来事をご覧頂きたい。ただ、当のバルディビアは照明によってそう見えただけとこの疑惑を全面否定している。

真相は果たして・・・。

バルディビア

先駆者、レーマン