Qoly編集部のNです。今日はバルセロナのMFアンドレス・イニエスタがワインを作っているという情報を入手したのでご紹介したいと思います。

スペイン代表の天才MFが約900万ユーロを投じ、故郷のアルバセテ県のフエンテアルビジャにブドウ農園とワイナリーを作ったのは昨年の事。 2010年の9月に操業を開始しました。

イニエスタの父親によれば、市場で流通する事だけ目的とせず、ワイナリーはクオリティを高める事に賭けたと言います。まるで唯一無二のプレーを披露する息子の様に。

そして今年、遂に収穫、出荷の季節を迎えました。

赤、白、ロゼの3本セットの入った箱には、ワイン通のイニエスタの名をそのまま冠し“Bodega INIESTA”と刻印。セット価格は40ユーロほど。スペイン国内はもちろん、ドイツ、イギリス、そして、なんと日本でも販売されるそうです。

優しい人柄で有名なイニエスタ。彼の生まれ育った故郷の風と大地の香るワインを堪能しながら、史上最高と呼ばれるバルセロナのサッカーを観戦するのも大人な楽しみ方かもしれませんね。(お酒は20歳以上からでお願いします!)

【関連リンク】

Blau Grana 「ぷち情報集。」

・・・イニエスタ一家のワイン醸造についてやさらには醸造所生成の際の美談が載っています。

Forza Pirlo! 「イニエスタのワイン」

・・・イニエスタのブドウ畑、醸造所、家族などの写真が掲載されています。

【おまけ動画】イニエスタ故郷を語る