今月初旬、フルミネンセから中国スーパーリーグの広州恒大へ移籍したアルゼンチン人MFダリオ・コンカ(Dario Conca)。

昨年の“Bola de Ouro"(ブラジル全国選手権の年間最優秀選手賞)にも輝いた28歳のアルゼンチン人MFは移籍金1000万ドル、そして30ヶ月(2年半)の契約期間に支払われる年俸総額3854万ドル!(約30億円)という超ド級の破格待遇で中国にやって来た。年俸額には諸説あったり、税金によって3割ほど引かれるようだが、それでも破格の契約だということには変わりない。


この移籍を巡っては「金に目が眩んだ」など賛否両論あったものの、14日の南昌戦の後半に中国デビューを果たしたコンカは早速ゴールをゲット。広州恒大は潤沢な資金力に物を言わせた補強ぶりが物議を醸しているチームで現在リーグ首位を走っている。

【デビュー戦のゴール】


【コンカのプレー集】