昨年もお伝えしたように、アメリカでは10月=『乳がん啓発月間(National Breast Cancer Awareness Month)』と位置づけられていて、多くのスポーツ選手たちも同キャンペーンの象徴カラーであるピンク色のグッズを身に付けてプレーに励む

そんななか、世界に自分だけの一足を作ることが出来るadidasのシューズカスタマイズサービス『miadidas.com』を使ってMLSのスターたちがピンク仕様の特別スパイクをデザインした。今月いっぱい、5人の選手たちは自らデザインした特注スパイクを履いて試合に臨むそう。


~ Chris Pontius ~

クリス・ポンティアス (アメリカ人MF /DCユナイテッド所属)

ポンティアスのコメント
「シンプルなカラーリングが好きなんだ。ピンクのストライプとシューレースは『乳がん啓発月間』にちなんだもので、シュータンの赤はDCユナイテッドのチームカラーさ。白はとても綺麗に見えるから好きなんだ」


~ Darlington Nagbe ~

ダーリントン・ナグベ (アメリカ人MF /ポートランド・ティンバース所属)

ナグベのコメント
「初めて自分でカスタムするからかなり興奮してるよ。adidasは3本線が有名なので、そことシューレースと他のところを『乳がん啓発』をサポートするためにピンクにしたんだ。残りの部分は目につくように黒と金にして、なによりピンクが引き立つようにした」


~ Fredy Montero ~

フレディ・モンテーロ(元コロンビア代表FW /シアトル・サウンダース所属)

モンテーロのコメント
「シンプルなものにしたかったのと同時に妻の名前を入れることも僕にとって大切なんだ。もちろん、『乳がん啓発月間のために女性をサポートする気持ちもあるよ」


~ Teal Bunbury ~

ティール・バンバリー (アメリカ代表FW /スポーティング・カンザスシティ所属)

バンバリーのコメント
「ワクワクするようなものにしたかったんだけど、かなりいい感じになったね。最近、僕の家族も乳がんの診断を受けたので、『乳がん啓発』への継続的なサポートを示したいというのが一番の想いだった。自分のスパイクを自らデザインすることは、試合に対する情熱を自由に表現することにもなった」


~ Kenny Cooper ~

ケニー・クーパー (アメリカ代表FW /ニューヨーク・レッドブルズ所属)

クーパーのコメント
「3本線とシューレースをピンクにしたインスピレーションは乳がんと戦う全ての人達に向けたものだよ。このスパイクを見て、『乳がん啓発』を象徴するピンクを目にしたとき、僕は彼女たちの希望と強さに気持ちが奮い立つはずさ」


(筆:Qoly編集部 I)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}