ドイツ勢との争奪戦へ?

リヴァプールは1月の移籍市場において、セビージャのアルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオ獲得に動くようだ。

『Metro』によるとリヴァプールは、当初モルデのノルウェー代表DFヴェガール・フォレン獲得を目指していたが、同選手のサウサンプトン移籍が濃厚となったことから、新たなターゲットとしてファシオに目を付けたようだ。

移籍金は300万ポンドと言われており、財政難に苦しむセビージャは1月にもファシオ放出に動くとされている。

ファシオにはリヴァプールのほか、ホッフェンハイム、ハンブルガーSVといったクラブも獲得に関心を示しており、今冬での争奪戦が予想される。

セビージャで7シーズン目を迎えたファシオは、今季リーグ戦12試合に出場し3ゴールを挙げている。

(筆:Qoly編集部 C)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}