3月15日、仁川ユナイテッドは「元韓国代表FWイ・チョンスは、12月に結婚を予定している」と発表した。

「イ・チョンス選手が12月に結婚を予定している。相手は3歳年下の一般人のガールフレンドで、昨年初めに知人の紹介で知り合った。2月に両家の親戚が集まった際に婚約し、既に婚姻届は出し終えている。

彼がKリーグ復帰を準備している困難な状況にあった際、ガールフレンドが心強い後援者の役割をし最後まで側にいてくれたことが、結婚にまで至った重要な切っ掛けであった」

なお当初は結婚式を2月に行う予定であったが、復帰の準備に専念できるようにとガールフレンドが配慮し、シーズン終了後の12月に行われることになったという。7月には第一子の誕生も予定されている。

大宮アルディージャを退団して以来一年以上にわたって無所属の期間を経験し、今年ようやく任意引退選手公示が撤回され現役復帰を果たしたイ・チョンス。現在はコンディション向上に努めており、一軍に合流しピッチに復帰するのは今月末から来月初頭になるとのことだ。

結婚を決めたイ・チョンスはこのようなコメントを発表している。

「厳しいときに横で堅く守ってくれた上、一生のパートナーとして一緒にいてくれる妻には感謝している。夫、さらに一児の父として、ファンに成熟したイメージを与えられる選手になりたい」