チェルシーはUEFAヨーロッパリーグ準々決勝でロシアのルビン・カザンを2戦合計5-4(3-1、2-3)で下し、ベスト4進出を決めた。

そんななか、フェルナンド・トーレスは準々決勝2試合に先発フル出場を果たすと、ホームでの第1戦では2ゴール、アウェイでの第2戦でも先制点を叩き出す活躍を見せた。

そのトーレスの対ルビン・カザン戦プレー集。まずは第2戦から。

 

【続いて、第1戦】

 

第1戦で2点を決めた際にはベニテス監督も「(トーレスは)フォームを取り戻している」と讃え、トーレス自身も自らのベストフォームに戻るまでは「絶対に諦めない」とコメントしていた。 ただ、プレミアリーグで最後にゴールを決めたのは昨年12月23日のアストン・ヴィラ戦で今年はまだ得点をあげられておらず、今後リーグでの奮起にも期待したいところ。

なお、チェルシーは今週末にマンチェスター・シティとのFAカップ準決勝が控えている。事前の予想スタメンでは先週足首を痛めた影響でルビン戦を欠場し、復帰に備えるデンバ・バを1トップに推す情報もあるが、果たして・・・