セルティックのDFフィルヒル・ファン・ダイクが素晴らしいゴールを決めた。

22歳の長身DFはセント・ジョンストン戦の序盤、自陣内でボールを受けると・・・

 

ファン・ダイクは相手DFを次々に“料理"すると、最後のフィニッシュも見事に決めてゴラッソ! これが決勝点となり、1-0で勝利したセルティックはいまだ無敗でリーグ首位を快走している。

今季フローニンゲンからやってきたフィルヒル・ファン・ダイクは190cm以上の体格を誇る巨漢ながら、フィジカルだけでなく足元の技術も○。ビルドアップやロングフィード、強烈なFKまで兼備する期待の存在でオランダU-21代表としてのプレー経験もある。

そんな期待の大器をレノン監督も「彼はまだ22歳だし、さらによくなっていくだろう。 守備面において彼は我々にとってファンタスティックな存在さ。彼は技術的に才能のあるフットボーラーであるとともに、素晴らしいアスリートでもある」と絶賛した。 また、ゴールについては「wonder - goal」と褒めちぎっていた。